コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris

中国の遺伝子検査サービス関連株が下落-当局が調査開始

  • BGIとベリー・ゲノミクス、ともに3%を超える下げ
  • 深圳の研究者、世界で初めて遺伝子改変した女児を誕生させたと主張
Inside The Research Facilities Of Complete Genomics Inc.
Photographer: David Paul Morris

中国で遺伝子改変を施した双子の女児が誕生したとの発表は、世界的な批判を巻き起こしている。こうした中で中国当局は調査を指示し、同国の遺伝子検査関連企業の株価は下落した。

  27日の中国株式市場では、遺伝子検査サービスを手がけるBGIゲノミクス(華大基因)、ベリー・ゲノミクス(貝瑞基因)がともに3%を超える下げ。産婦人科のプライベート病院チェーンを経営し、今回の女児誕生に関係するハーモニケア・メディカル・ホールディングス(和美医療)は一時8.2%安と急落した後、小幅なプラスに転じて引けた。

Stocks linked to genetic testing slump in China as fallout grows

  深圳の研究者である賀建奎氏は、「ゲノム編集」技術を世界で初めて人の受精卵に適用し、双子の女児を誕生させたと主張しているが、保健当局や他の科学者から批判の声が上がっている。中国保健当局は26日、広東省当局に調査を命じたことをウェブサイトで発表した。

原題:China Genetics-Linked Stocks Slump as Government Orders Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE