コンテンツにスキップする

為替トレーダー、トランプ大統領と習近平主席の停戦に「安い」賭け

  • 人民元のコールオプションに6月以来の高い需要
  • 何らかの合意に向かうという兆候だけでもポジティブーベクテル氏

為替トレーダーらはトランプ米大統領と習近平中国国家主席の週末の会談が貿易を巡る停戦につながる可能性を排除していない。

  1週間物ドル・人民元リスクリバーサルは26日に一時、6月以来の低水準となり、20カ国・地域(G20)首脳会議に際した米中首脳会談の後に元が上昇する可能性を市場が見込んでいることがうかがわれる。米中貿易摩擦の中で人民元は今年に入り約6%下落し、オンショア人民元は1ドル=7元に近づいている。

  ドル・人民元の1週間物インプライドボラティリティー(予想変動率)は今年のピークを大きく下回っており、人民元のコールオプション購入は停戦と元上昇に賭ける比較的安上がりな方法だとジェフリーズは指摘する。

  外為責任者のブラッド・ベクテル氏は「人民元のボラティリティーはそんなに高くないので、これは比較的安い賭けだ」とした上で、「両首脳が何らかの合意に向かうという兆候だけでも、当初はポジティブに受け止められるだろう」と話した。

Options markets suggest traders prepping for yuan upside against dollar

原題:FX Traders Place Cheap Bet That Trump and Xi Could Reach a Truce(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE