コンテンツにスキップする

トランプ大統領、iPhoneやノートPCに10%関税賦課も

更新日時
  • トランプ氏:消費者は楽に乗り切ることができるだろうーWSJ
  • RBCはアップルの利益見通しと株価目標引き下げー需要軟化を指摘
Apple Inc.'s iPhone XS, XS Max and Watch Arrive In Stores
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg
Apple Inc.'s iPhone XS, XS Max and Watch Arrive In Stores
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

トランプ米大統領は26日、中国で製造された「iPhone(アイフォーン )」などの携帯電話やノートパソコン(PC)に10%の関税を課す可能性があると述べた。これが実施された場合、アップルには打撃となる。

  27日の米株式市場で、アップル株は前日比で一時2.1%下落した。同社は前日、時価総額で世界首位の座から一時転落、マイクロソフトに抜かれる場面があった。

  トランプ大統領は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、「ひょっとしたらの話だ」とした上で、「10%にする可能性がある。これならかなり乗り切りやすいだろう」と語った。

  米国は中国からの輸入品約2000億ドル(約22兆7000億円)への関税率10%を予定通り来年1月1日に25%に引き上げる予定。アイフォーンなどアップル製品の大半は中国で組み立てられ、世界各地に輸出されている。アップルにコメントを求める取材を試みたが、連絡がとれていない。

  アップル製品のうち、アイフォーンや「iPad(アイパッド)」など利幅の大きい製品はこれまでのところ米追加関税の対象になっていない。

  RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、アミット・ダリヤナニ氏は27日、1-3月のアップル利益見通しを引き下げ、サプライヤーからのアイフォーン需要軟化を指摘した。RBCは株価目標も240ドルから235ドルに引き下げた。

原題:Apple Falls as Trump Hints IPhones Could Get Hit by Tariffs (1)(抜粋)

(第2段落に株価について、最終段落にアナリスト見通しについて加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE