コンテンツにスキップする

EU離脱合意、英議会通過は難しい様相-EU離脱担当相が認める

  • 議会通過に十分な支持はないもよう-バークレー離脱担当相
  • メイ首相、合意は唯一可能な案だと議員や有権者説得に努める

英議会は来月の採決で、メイ首相が結んだ欧州連合(EU)離脱合意を否決するだろうと、就任して間もないバークレーEU離脱担当相が認めた。メイ首相は懐疑的な議員と有権者に対し、これが唯一可能な合意だと説得に努めている。

U.K. PM Theresa May Gambles on Personal Campaign to Win Brexit Deal Vote

バークレーEU離脱担当相(26日)

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  バークレー氏は26日にスカイニュースに対し、週末にEUとの間で最終合意した案の議会通過に十分な支持はないもようだったと語った。

  「現在の票読みを考慮すれば、議会通過が難しくないなどと装うつもりは全くない」と言明。「議員らに対して明確にしておきたいのは、否決した場合の結果だ。それは、合意なき離脱や離脱の中止による多大な不透明性だ。これは選挙民の利益にならず、雇用を守ることにもつながらない」と述べた。

原題:Brexit Deal Heading for Trouble in Key Vote, U.K. Minister Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE