コンテンツにスキップする

ゴールドマン:中国の「国家隊」、7-9月期は本土株売り越し

  • 国家隊による売越額は約1兆7000億円-リポート
  • 10月上旬もしくは同月半ばに買い越しに転じたもよう

中国本土株式市場の動揺時に乗り出してくる政府系ファンド、いわゆる「国家隊」は7-9月(第3四半期)に本土株を売り越したようだと米銀ゴールドマン・サックス・グループは分析している。

  付思氏らが執筆したゴールドマンのアナリストリポートによれば、国家隊による売越額は約1040億元(約1兆7000億円)に上ったとみられる。7-9月に本土の株式市場は時価総額で5700億ドル(約65兆円)を失った。

  ゴールドマンは政府系ファンドが10月上旬もしくは同月半ばに買い越しに転じたもようだとも指摘している。

State investors sold stocks in 3Q as Shanghai Composite lost steam

原題:Goldman Says China’s National Team Sold Stocks as Rout Deepened(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE