コンテンツにスキップする

仮想通貨の急落、週末も続く-ビットコインは一時4000ドル割れ

  • ビットコインは1月までに2500ドルに下げる可能性との見方も
  • リップルは今年付けたピークから約90%下げている

今年に入ってから急落している仮想通貨がこの週末にさらに沈んだ。

  ビットスタンプによると、ニューヨーク時間25日午前0時(日本時間同午後2時)時点で仮想通貨ビットコインは4.5%安の3635ドル。午前7時50分までには下げの大部分を取り戻したが、まだマイナス圏内だ。この1週間では33%、年初来では75%下落している。

  週間ベースで仮想通貨は過去最悪の下げを記録したばかりだった。ビットコインは約1年前に付けた高値(1万9666ドル)を82%下回り、リップルは5.3%安の35セントと、ピークから約90%下げている。

  オアンダのアジア太平洋地域トレーディング責任者、スティーブン・イネス氏は先週の電話取材で「3000ドルへの下落が視野に入り始めたら、強い流れになる。人々は出口に向かって走るだろう」と語り、底値を示唆するような堅固な裏付けはまだ見られないとの見方を示した。同氏のベースシナリオではビットコインは短期的には3500-6500ドルで取引され、来年1月までに2500ドルに下げる可能性がある。

原題:Bitcoin Falls Further Below $4,000; Crypto Continues Plunge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE