コンテンツにスキップする

EU首脳会議に暗雲-ジブラルタル問題巡りスペイン首相が欠席も

  • サンチェス首相は英EU離脱後のジブラルタルの扱いで確約求める
  • 全首脳の承認取り付けを目指す英・EUにとって土壇場の障害
Gibraltar International Airport 

Gibraltar International Airport 

Photographer: Oli Scarff/Getty Images Europe
Gibraltar International Airport 
Photographer: Oli Scarff/Getty Images Europe

英領ジブラルタルを巡るスペインと英国の論争が、英国の欧州連合(EU)離脱条件を定めた協定を承認するために開かれるEU首脳会議に暗雲を投げ掛けている。

  スペイン政府当局者によると、サンチェス首相は英EU離脱後のジブラルタルの扱いについて先に確約が得られない限り、25日にブリュッセルで開かれる臨時首脳会談への出席を見送る可能性がある。同会議で全EU首脳の承認を取り付けることを目指す英国とEUにとって土壇場の障害となっている。

CUBA-SPAIN-SANCHEZ-BUSINESS-FORUM

サンチェス首相(ハバナ、11月23日)

出典:AFP /ゲッティイメージズ

  EU当局者は23日遅く、首脳会議は予定通りに開催される見込みだと語った。

  サンチェス首相は、1713年に英領となったジブラルタルについて、将来結ばれる可能性がある英・EU通商協定が自動的に適用されることがないよう、納得のいく宣言書を出すよう英国に求めている。

原題:Spain Digs in With Brexit Threat as Gibraltar Overshadows Summit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE