コンテンツにスキップする

ブラックフライデー、ネット販売が出足好調-実店舗からは客足遠のく

感謝祭の翌日の金曜日、ブラックフライデーがやってきた。米国経済の堅調を受け、感謝祭の祝日から週末明け26日のサイバーマンデーまでの期間は膨大な売り上げが見込まれている。だがそれは、ショッピングモールに足を運んでも実感できないかもしれない。消費者の白熱した動きが見られるのは今年、オンラインが中心のようだ。

  アドビ・アナリティクスによると、東部時間23日午前10時現在のオンライン売上高は6億4300万ドル(約730億円)と、前年同期を28%上回る。23日の売上高は64億ドルを超える見通しだとしている。売れ行きが中でも好調なのは、家電製品ではサムスン電子のテレビ、デルのノートパソコン、ゴープロのカメラ。玩具ではホット・ウィールズ、ハッチベイビーズ、ゲームソフトでは「レッド・デッド・リデンプション2」や「FIFA19」が売れているという。

東海岸のモール、客足は前年並みかそれ以下

  JLLが管理する東海岸のモールを調査したところでは、全体の62%余りが客足は前年並み、13%近くが前年に劣るとした。客足を抑制し売り上げに大きく影響している要因として悪天候を挙げたところはなく、ネット特売の拡大で消費者が人混みを避けるようになった公算が大きい。

  この調査によれば、実店舗への集客に今年最も貢献しているのは電気製品ではなく、消費者が手で触れたり試着したりしてから買いたいと考える衣料品。

Shoppers At Target Corp. Store For Black Friday Sales

ニューヨーク州ウエストベリーのターゲットの店内(22日)

Alex Flynn / Bloomberg

値引き率は前年より高く

  小売業界コンサルティングのヌメレーターによれば、小売りチェーンでのブラックフライデーの値引き率が前年を超えていることが、小売り17社の値引き販売1万500件余りを集計した結果分かった。平均値引き率は48%近くと、前年の45%を上回る。オフィス・デポ、ステープルズ、JCペニー、ターゲットの値引き率が中でも高いという。

買い物客が大挙した店舗は一部のみ

  一部の小売店舗は例年通り混雑したが、ブラックフライデーにしてはいつになく静かなところもあった。オンライン販売がいかに重要になっているかが伝わってくる。

  23日の朝方、シカゴのターゲットでは駐車場にまだ多くの空きがあり、買い物客は特に慌てた様子もなく店内を移動していた。ニューヨーク市ブルックリンのモール、アトランティック・ターミナルでは客足はまばら。明らかに前年ほど混んでおらず、通常の週末と大して変わらない感じだと従業員の1人は話した。

  最近店舗を改装したニューヨーク州ウエストベリーのターゲットは、感謝祭当日の22日の東部時間午後5時に開店。買い物客は、アップルの「iPad Mini(アイパッド・ミニ)4」(250ドル、約2万8200円)やソニーの「プレイステーション4 スパイダーマン」のセット(199ドル)など売れ筋商品を置いている家電売り場に直行。これら商品は「品薄だ」と、ロブ・スターマン店長は開店2時間後に電話で話した。全長約90センチの大きなクマのぬいぐるみ(10ドル)の売れ行きも良いという。

Shoppers At Target Corp. Store For Black Friday Sales

ニューヨーク州ウエストベリーのターゲットでは、大きなクマのぬいぐるみがよく売れている(22日)

Alex Flynn / Bloomberg

原題:Early Signals Point to Blowout Online Sales: Black Friday Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE