コンテンツにスキップする

中国の対米輸出ブームは終息、1月に大幅な反動減も-野村

中国から米国への輸出が最近急増しているが、中国製品に対する関税が上昇するため1月には落ち込む見通しだと、野村のエコノミストが指摘した。

  トランプ米大統領は9月、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆5700億円)相当に10%の追加関税を発動し、さらに来年初めにはこれを25%に引き上げると公約している。これを受けた駆け込み輸出で、増税を控えて中国製品が米国になだれ込んでいる。

  陸挺氏ら野村のエコノミストは22日発表したリポートで、この駆け込み需要が10-12月(第4四半期)の中国の輸出の伸びを1.8ポイント、名目国内総生産(GDP)の成長を0.2ポイントそれぞれ押し上げるだろうと試算。一方、その反動で2019年1-3月(第1四半期)は輸出の伸びが前期比で5.6ポイント、GDPの成長は0.7ポイント押し下げられる公算が大きいとの見方を示した。

Growth in Chinese exports to the U.S. has been strong in recent months

原題:China’s Export Boom to the U.S. to End in January, Nomura Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE