コンテンツにスキップする

日産自:ルノーとの資本構成見直しも、アライアンス持続で-関係者

  • アライアンス、体制、資本構成も当然もう1回考え直すこともある
  • ルノーより大きい日産自が支配される不均衡は是正を-アナリスト

日産自動車は仏ルノーとの資本構成を再検討する可能性を示した。カルロス・ゴーン容疑者の会長職を解いた後のアライアンスのあり方を考える。

  事情に詳しい関係者は23日、匿名を条件にアライアンスの進め方、体制の在り方、資本構成も当然もう1回考え直すこともあると述べた。ゴーン容疑者の会長職を解任を全会一致で決めた22日の取締役会ではアライアンスの重要性について再確認した。関係者は、アライアンスを持続可能にするため基本的なことからきっちり見直すと語った。その際には三菱自動車を含めた3社の理解を共有する。

France's Finance Minister Bruno Le Maire Meets Japan's Economy Minister Hiroshige Seko

ルメール仏経済・財務相(左)と日本の世耕弘成経済産業相

Photographer: Christophe Morin/Bloomberg

  日産自の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)は22日、ルノーとの資本構成について「今は現状の安定化が一番」と答えていた。現在はルノーが日産自に43.4%を出資して議決権があるのに対し、日産自はルノーに15%出資するが議決権はない。日本の会社法では日産自が出資比率を25%に上げるとルノーの議決権が消滅する。また日産自が増資してもルノーの出資比率が下がり、影響力も低下する。

  SBI証券の遠藤功治企業調査部長は、ルノーと日産自の資本関係について「売上高も利益もルノーより大きい日産自がルノーに支配される不均衡は是正する必要がある」と述べた。同時にルノーが日産自の議決権を持たない形については「ルノー筆頭株主であるフランス政府の理解が得にくく難しいのではないか」との見方を示した。

  ルノー・日産自連合の中心人物であるゴーン元会長は19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑でグレッグ・ケリー元代表取締役とともに逮捕された。三菱自は26日の臨時取締役会でゴーン会長の解職を提案する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE