コンテンツにスキップする

新興市場資産のキャリートレードが復活、10カ月ぶりの高リターンに

  • 11月リターンこれまでに3.2%。このまま行けば1月以来の好成績
  • 原油値下がりと米利上げ観測の後退で投資家の関心が再燃

新興市場資産売りのさなかにより高いリターンを求めて買い向かったトレーダーは今、成果を手にしている。

  ブルームバーグの指数によると、ドルのショートポジションで調達した資金を使い、8つの新興市場資産でキャリートレードした11月のリターンはこれまでに3.2%。このまま行けば1月以来の好成績となる。

  今年はドルの強さと貿易戦争懸念がキャリートレードへの逆風になっていたが、ここへ来て原油値下がりと米利上げ観測の後退で、投資家の関心が再燃している。

Emerging-market carry trades regain luster amid shift in Fed narrative

原題:Carry-Trade Warriors of Emerging Markets Enjoy Best Month in Ten(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE