コンテンツにスキップする

イタリア国債が値上がり、EUの違反判断でも対話に期待

  • EUはイタリアに対する制裁に向け踏み出す、財政規則に違反と判断
  • サルビーニ副首相が歳出見直しを排除しないとの報道にも債券は反応

21日の欧州債市場でイタリア国債は値上がり。欧州連合(EU)はイタリアに対する制裁手続きに向け踏み出したが、まだ対話の余地があるとの期待が優勢になっている。

  EUの欧州委員会はイタリアの予算案がEUの財政規則に違反しているとの判断を示したが、これは既に市場に織り込まれていたため、10年物イタリア国債利回りは今月最大の低下に向かっている。サルビーニ副首相が制裁回避に向け歳出見直しを排除しないとの報道を受けて同国債は上昇し、EUの判断後に上げ幅を広げた。

Deputy PM triggers bond rally despite EU taking first step to budget fines

  10年債利回りは12ベーシスポイント(bp)低下の3.50%。ドイツ債とのスプレッドは313bpに縮小した。

原題:Italian Bonds Rally to Shrug Off EU Verdict on Hope for Dialogue(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE