GE信用枠、使い切った場合は米企業最大の債務に-心配し過ぎの声も

  • 信用枠は全体で410億ドル、数十行から取り付け
  • 米銀大手5行による融資枠が全体の約半分を占める

米国の銀行が抱える融資リスクのうち、米ゼネラル・エレクトリック(GE)ほどリスクが懸念されている融資先はそれほどない。米大手銀5行がGEに確約した融資は、各行で少なくとも35億ドル(約3955億円)に上る。そのGEは今、債務の持続可能性が懸念されている。

  GEが監督当局に提出した最新の四半期報告書によると、同社の信用枠は合わせて約410億ドル。ブルームバーグのデータによると、信用枠を完全に使い切った場合、米企業への融資規模としては最大となる。ただ、第3四半期末時点で同社が実際に借り入れたのは約20億ドルにとどまっている。

Potential GE Exposure

Six banks have committed $19.8 billion to a credit line

Source: Bloomberg

  債券市場ではGE債のデフォルト(債務不履行)に備えた保証コストが上昇、同社の信用格付けのさらなる引き下げや新規借り入れのコスト高が示唆された。

  GEの信用ファシリティーは9月末時点で3つに分類されており、メインとなるファシリティーには6行から取り付けた融資枠が198億ドル(約2兆2374億円)ある。期限は2020年。これに続き、36行からの融資枠が200億ドル(2021年期限)ある。3つ目は7行と個別に取りまとめた信用枠だ。来年2-5月に期限を迎える。

  モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は20日のブルームバーグテレビジョンのインタビューで「GEの信用は全く懸念していない」と述べ、「市場は心配し過ぎている。GEは素晴らしい会社だ。再構築を行う極めて大きな能力がある」と語った。

  GEおよびメインとなる信用ファシリティーの銀行の広報担当者はいずれもコメントを避けた。

原題:If GE Taps Credit Lines, These Banks Must Come Up With Billions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE