コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国株に新たなバブル-習氏演説でハイテクパーク銘柄に投機資金流入

  • 習主席は5日、テクノロジー銘柄の取引ボード開設計画を発表
  • ハイテクパーク運営の上海市北高新、株価が3倍余りに
An investor stands at a trading terminal in front of electronic stock boards at a securities brokerage in Shanghai, China, on Friday, June 9, 2017. The Shanghai Composite Index rose 0.1 percent to extend a weekly gain to 1.5 percent.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国株式相場が下げる中、投機資金がハイテクパーク運営銘柄に流れている。習近平国家主席が5日の演説で、テクノロジー銘柄を対象とした株取引の場を上海に置く方針を明らかにしたことがきっかけだ。

  習氏の計画発表後、上海市北高新の株価は3倍余り上昇する一方、北京や天津のハイテクパーク開発銘柄も値上がりしている。

Hi-tech park operator jumps on China plan to set up tech stock board

  中原証券の張剛ストラテジスト(上海在勤)は「テクノロジー株向けボードに関する詳細が乏しく、こうした値上がりはただ単に投機的という印象だ」と話す。

  個人投資家の取引が中心の中国株式市場では、政策発表に絡む連想が働き、極端な値動きになることが珍しくない。2013年には上海の自由貿易区が承認され、社名に「上海」と付いている銘柄が積極的に買われた。通常、こうした上昇は逆回転するのも早い。

  上海市北高新は19日、同社の最近の株価の動きについてファンダメンタルズからかけ離れていると指摘、リスクを巡り投資家に警鐘を鳴らす事態となった。

原題:Newest Bubble in China Stocks Found in Tech Park Developers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE