コンテンツにスキップする

中国当局が警告-エコノミストは共産党の意向を踏まえた調査活動を

  • 調査リポート発行では党・国家の利益を考慮すべきだ-証監会主席
  • エコノミストは「自己規律提案書」に署名-中国証券業協会

景気減速や貿易摩擦、株安に直面する中国共産党は、金融機関のエコノミストが経済を予測する際に党と国家の利益を踏まえるよう対策を講じている。

  証券監督管理委員会(証監会)の劉士余主席は今月に入り、北京で30を超える証券会社やファンド運営会社の代表と面会。事情に詳しい複数の関係者によると、劉主席はその場で、エコノミストが市場参加者の判断を誤らせることがないよう、調査リポートを発行する際にはより高い水準の思考を目指し、共産党と国家の利益を考慮すべきだと表明した。エコノミストに調査の検閲を呼び掛けるところまでは至らなかったという。

  中国証券業協会は16日夜、証券・ファンド各社のシニアエコノミストが劉主席の勧告を具体化した「チーフエコノミスト自己規律提案書」に署名したと公表。個別の社名は挙げなかった。

  証監会による今回の動きは、中国が本土証券市場をさらに対外開放したとしても、共産党が経済見通しの管理に引き続き意欲的であることを示唆している。対米貿易摩擦の激化による影響が表れ始める中で、弱気な調査に対する党指導部の忍耐が今後数カ月間にあらためて試されるかもしれない。証監会にファクスでコメントを求めたが、返信はなかった。

原題:China’s Warning to Market Economists: Toe the Party’s Line(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE