Photographer: Michael Nagle

金融市場に無傷のセクター見当たらず、投資家の逃げ場ほとんどなし

  • S&P500種は20日に一時調整局面入り、社債市場も動揺
  • 質への逃避は現金への逃避と化したとインスティネットのワイス氏
Photographer: Michael Nagle

金融市場にとって今年は、過去50年で突出した厳しい1年となっているが、20日に状況は目に見えて悪化した。幅広く資産全般が軟調となり、投資家の逃げ場がほとんどなくなった。

  株式相場は続落し、幅広い銘柄が売られる中で、S&P500種株価指数は一時高値調整の水準まで下げた。原油は年初来安値を更新。クレジット市場にも動揺の兆しが見え、仮想通貨ビットコインは急落した。一方で米国債や金、円といった従来から安全資産とされる資産は小動きだった。

  2%の株安と6%の原油価格下落、社債相場の下降基調を全て考え合わせると、金融市場は1日の下げとしては2015年以降で最大級となった。S&P500種は今年の上昇分が帳消しとなり、原油価格は1年ぶりの安値に低迷。ジャンク債に連動する上場投資信託(ETF)も14年以降で最悪の下げ局面となった。

  インスティネットのトレーディング責任者、ラリー・ワイス氏は「市場にはまだ『パニック』はないが、大方のトレーダーは売りの勢いがすぐに鈍ると確信できていない。質への逃避はここにきて、現金への逃避と化した。今が資金を投じるタイミングだと説得するのは厳しい」と指摘した。

  幅広い資産クラスが歩調を合わせて値下がりした背景には将来への不安がある。米国株の過去最長の強気相場の原動力となってきた企業利益は、ピークに達したように思われ、トランプ米大統領が仕掛ける貿易戦争も収まる兆しが見えない。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が利上げ姿勢を和らげる気配はなく、利上げが続けば、S&P500種構成企業が過去10年に発行した総額約5兆ドル(約564兆円)相当の社債保有者には悪夢となる。

  キーバンクの最高投資ストラテジスト、ブルース・マケイン氏は「投資に回したい資金は多いが、十分に魅力的な投資先はあまりない。幅広い資産の下落を招いている要因は、リセッション(景気後退)入りするのか、低めだがより持続可能な経済成長が得られるのかという疑念だ」と述べた。

原題:Worst Day of an Awful Year Leaves No Corner of Market Unscathed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE