コンテンツにスキップする

ウォルグリーンとヒューマナ、株式持ち合いで初期協議-WSJ紙

米ドラッグストアチェーン、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスと米医療保険会社ヒューマナはそれぞれの株式を相互に取得することについて初期協議を行っていると、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に詳しい複数の関係者を引用して伝えた。関係者の身元は明らかにしていない。

  報道を受け、20日の米株式市場では両銘柄とも下げを縮小した。ヒューマナは前日比1%安で終了。一時は3.5%下げていた。ウォルグリーンは一時4.4%安を付けた後、2.6%安で取引を終えた。

  WSJ紙によると、両社は高齢者向けサービスでの提携拡大などさまざまな共同事業について協議している。ウォルグリーンはコメントを控えた。ヒューマナの担当者に取材を試みたが、今のところ返答はない。

原題:Walgreens and Humana Discussing Equity Stakes, WSJ Reports (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE