コンテンツにスキップする

株式市場の不安要因に流動性不足が加わる-JPモルガン分析

  • 市場の厚みで見ると、株式は少なくとも2014年以来最悪の年に
  • 商品や通貨、債券では「流動性悪化の兆しがほとんどない」
Last Day Of Trading For 2017 At The Cboe S&P 500 Options Pit
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg
Last Day Of Trading For 2017 At The Cboe S&P 500 Options Pit
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

10月に始まった株式相場の下落局面で心配すべき項目のリストに流動性低下が加わった。少なくともJPモルガンのストラテジストらはそうみている。

  同ストラテジストらは「Hui-Heubelレシオ」と呼ばれる流動性の指標がS&P500種株価指数とストックス欧州600指数、TOPIXのそれぞれ先物で2月以来の水準に落ち込んでいることに着目している。この指標は株価を動かすのに何件の取引を要するかを測るもので、値が大きいほど市場に厚みがあることを示す。

  ニコラオス・パニギリツオグル氏率いるJPモルガンのストラテジストらは、債券から株式まで金融市場引き締まりのあらゆる状況を一覧にしたリポートでこうした現象に言及。株式先物でいくつかの悪い予兆に気付いたと説明した。市場の厚みという点で株式は今年、少なくとも2014年以来最悪の年となる方向だという。

  パニギリツオグル氏は電子メールで、JPモルガンのデータは「流動性の低下が単に市場のボラティリティーによって合理的とみなされるものより持続性がある」ことを示していると指摘。「S&P500種先物の小口の売りが流動性不足で増幅され得るため、脆弱(ぜいじゃく)性も示唆している」と記した。

  ただJPモルガンは商品や通貨、債券では「流動性悪化の兆しがほとんどない」としている。

relates to 株式市場の不安要因に流動性不足が加わる-JPモルガン分析

原題:JPMorgan Sees Stocks Vulnerable to Liquidity Shortfalls in Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE