仏政府、ルノー暫定CEOにボロレCOOを支持-関係者

更新日時
  • ボロレ氏は今年2月にCOOに昇格、有力CEO後継候補だった
  • ルノー・日産・三菱アライアンスの統合に集中していく-声明

仏自動車大手、ルノーのティエリー・ボロレ最高執行責任者(COO)は、カルロス・ゴーン容疑者逮捕後の暫定最高経営責任者(CEO)に就任することで仏政府の支持を得たと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

ティエリ-・ボロレ氏

撮影: Marlene Awaad/Bloomberg

  別の関係者2人によれば、ゴーン容疑者が持つもう一つの役職である会長職には、フィリップ・ラガイエット取締役を政府は支持する見通し。この関係者の1人は、20日に開かれる取締役会で政府はこの人事の勧告を控え、コンセンサスを目指す考えだと述べた。

  ボロレ氏はCOOに昇格した今年2月以降、CEOの有力な後継者として見られていた。今回の動きによって同氏は日々のルノー運営を任されることになる。

  ルノーは20日の声明で、ボロレ氏は「特に執行委員会を継続させていく責任を担っている」と発表。「通常通りの生産業務ならびに事業運営」を目指し、「ルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンス(連合)強化」に集中する考えを示した。

原題:Renault’s Bollore Said to Win French Backing as Interim CEO (3)(抜粋)

(第3、4段落を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE