コンテンツにスキップする

11月20日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルが3日ぶり上昇、原油大幅安で資源国通貨は下落

  20日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が3営業日ぶりに上昇。原油相場が大幅に下げ、資源国通貨が売られた。

  ブルームバーグのドル指数は1週間ぶりの大幅上昇。原油は供給過剰懸念などが嫌気されて年初来安値を更新し、米国株も下落。こうした中で、ドルは主要10通貨全てに対して上昇した。

  資源国通貨の一つであるカナダ・ドルは一時、対米ドルで1.1%下げ、4カ月ぶりの安値を付けた。

  ニューヨーク時間午後4時31分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%上昇。ドルは対円では0.2%高の112円76銭。一時は112円31銭と3週間ぶりの安値を付けた。ユーロはドルに対して0.7%安の1ユーロ=1.1370ドル。

欧州時間の取引

  ユーロが対ドルで6営業日ぶりに下落。イタリア国債が下げ、ドイツ国債との利回り格差が1カ月ぶりの大きさに拡大したことに追随した。
原題:Dollar Surges as Oil Dives and Equities Crumple: Inside G-10(抜粋)
 Dollar Steadies, Euro Follows Italian Bonds Lower: Inside G-10(抜粋)

◎米国株・国債・商品:株が大幅続落、原油が年初来安値

  20日の米株式相場は大幅続落。原油の大幅安がエネルギー銘柄への打撃となったほか、アップルをはじめとするハードウエア銘柄が連日の下げとなった。年末商戦を目前に控えて小売株も売られた。米国債は総じて小動き。

  • 米国株は大幅続落、エネルギーやハードウエア銘柄の下げ目立つ
  • 米国債は総じて小動き、10年債利回りは3.06%
  • NY原油は大幅反落、年初来安値を更新-在庫増加ペースを懸念
  • NY金は反落、株式から現金に資金移動

  主要3株価指数はいずれも下落。S&P500種株価指数は一時、9月の高値から10%余り下落する場面もあった。世界株安の流れが広がる中、ナスダック総合指数は8月に付けた直近の高値から14%近く下げ、ダウ工業株30種平均は500ドル余り値下がりした。

  S&P500種は前日比1.8%下落の2641.89。ダウ平均は551.80ドル(2.2%)下げて24465.64ドル、ナスダック総合指数は1.7%安の6908.82。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは横ばいの3.06%。
  
  ニューヨーク原油相場は大幅反落。原油在庫が需要を超えるペースで増えていると懸念される中、年初来安値を更新した。トランプ米大統領はこの日、原油価格を低く維持するようにとの要求にサウジアラビアはこれまで「応じてきた」と述べ、サウジによる減産の可能性に疑問を投げ掛けた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は3.77ドル(6.6%)安の1バレル=53.43ドル。ロンドンICEの北海ブレント1月限は4.26ドル下げて62.53ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.3%安の1オンス=1221.20ドル。ゴールドマン・サックスは、投資家に現金保有を増やすことを推奨した。RBCウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、ジョージ・ジロ氏はリポートで、金の上昇は「一時保留になった」かもしれないと指摘。「現金確保を急ぐ株式市場の動きがポートフォリオに影を投げ掛けている」と説明した。

  コモンウェルス・ファイナンシャル・ネットワークの最高投資責任者、ブラッド・マクミラン氏は「急速な反発やはっきりした反発がまだないということは、市場がまだ適正値を探っているということの表れだ」と指摘。「ただ、ここで底入れしつつある兆候だといいのだが」と話した。

  この日はアップル、ターゲット、ユニオン・パシフィック、デボン・エナジーなどの下落率が大きかった。
原題:Tech Weakness, Plunging Oil Combine to Sink Stocks: Markets Wrap(抜粋)
USTs Steady Despite Oil Plunge, Stocks Slide; Energy, Tech Weigh
Investors Flee Oil as Stock Rout, OPEC Doubts Turn Up Pressure
PRECIOUS: Gold ETF Holdings Rise to 14-Week High as Stocks Drop

◎欧州債:ドイツ債が上昇、株安に反応-英国債はアンダーパフォーム

  20日の欧州債市場でイタリア債はほぼ変わらず。利回り曲線は全体的にスティープ化した。ドイツ債は上昇。欧州株が下げたことに反応した。

  • イタリア10年債利回りは上昇、一時は11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)急伸した場面もあった。イタリア債利回りのドイツ債に対するスプレッドは14bp拡大して336bpとなった
  • 英国債のパフォーマンスはドイツ債を下回った。この日はイングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁が金融政策委員会(MPC)の他のメンバーと共にEUを強硬に離脱するリスクを警告したが、市場は特に反応しなかった
  • ドイツ10年債利回りは2bp下げて0.35%、フランス10年債利回りは2bp低下して0.76%、イタリア10年債利回りは3.60%でほぼ変わらず
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Italian Bonds Steady, Bunds Climb; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE