コンテンツにスキップする

スペイン:EU離脱素案でバルニエ氏を批判-国内の英領巡る懸念で

メイ英首相とバルニエ欧州連合(EU)首席交渉官が合意した英国のEU離脱素案に不満なのは英国だけではない。スペインの当局者も憤りを覚えている。

  スペインのサンチェス首相は20日、イベリア半島南端にある英領ジブラルタルを巡る懸念についてバルニエ氏は軽く考えていると不満を表明した。

  英国のEU離脱交渉が開始した時点で、スペインはジブラルタルの将来的な地位は英国との2国間協議によって決定されるとの合意をEU加盟国との間に成立させていた。それが土壇場で調整された離脱素案では明示されていなかったとして、スペイン当局者は今週、同案を批判していた。

  サンチェス首相はマドリードでの行事に出席し、離脱素案の文言が修正されなければスペインは反対票を投じると表明。「EU支持派のスペイン政府が今のような事態に陥っているのは、ブリュッセルにいる当局者の誰かが仕事をしていないからだ」と述べた。

原題:Spain Takes a Swipe at Barnier Over Brexit Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE