英中銀:EU離脱の分析結果、ようやく来週公表へ-議論呼ぶ可能性も

イングランド銀行(英中央銀行)は、欧州連合(EU)離脱が金融システムや広範な経済に及ぼすと想定される影響について、分析結果をまとめて今月末に報告する。

  報告書はメイ英首相が提案したEU離脱合意に対する英中銀の評価が記載されており、11月29日に英下院の財務特別委員会に提出される。EU離脱を強く支持する議員らの一部は英中銀とカーニー総裁がEU残留支持にバイアスがかかっていると指摘しており、報告書の内容が議論を呼ぶ可能性がある。  

  英中銀は報告書について、「通貨・金融の安定を図るために英中銀が法定権限を行使していく上で、『合意なき、移行なき離脱』のシナリオを含むEU離脱合意がどのような影響を及ぼすのか」を分析したものであると説明した。

原題:BOE to Release Its Long-Awaited Brexit Analysis Next Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE