株式投資家は現金の配分増やすべきだ-ゴールドマン

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

株式投資家は近年、素晴らしい利益を上げてきたが、現金のインフレ調整後リターンがプラスになった現在、リスクを減らすのが賢明かもしれないと、ゴールドマン・サックス・グループが提言した。

  デービッド・コスティン氏らゴールドマンのストラテジストは11月19日のリポートで、「株式へのエクスポージャーを維持しながら、現金の配分を増やすべきだ」とし、「株式との比較で現金が競争力のある資産クラスとなるのは、長年なかった現象だ」と記した。

  米利上げによってマネーマーケット・ファンドの利回りが2%を超え、インフレ率を上回ったことがこうした推奨の背景にある。12月にも0.25ポイントの利上げが見込まれるほか、2019年にも追加利上げが想定されており、現金の妙味はさらに増す公算だ。

  ゴールドマンのストラテジストらは株式について、公益株などのディフェンシブセクターに重みを置くべきだとしている。S&P500種株価指数は来年、「控えめな1桁台の絶対リターン」になると予想。18年に見られた「堅調な」企業利益と経済成長が減速するためだと説明した。

ゴールドマンの分析によるシナリオは以下の通り

  • 確率50%の基本シナリオ:S&P500種が今年2850で終了、19年は5%上昇して3000へ
  • 確率30%の下振れシナリオ:20年に景気後退に入るリスクが投資家心理の重しとなり、S&P500種は19年を2500で終了
  • 確率20%の上振れシナリオ:強い経済成長がさらに長期化し、S&P500種は来年3400で終了

原題:Goldman Says It’s Time for Equity Investors to Boost Their Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE