コンテンツにスキップする

ソフトバンク、韓国最大手ECサイト「クーパン」に20億ドル投資へ

  • ソフトバンクは15年に10億ドルをクーパンに出資していると関係者
  • 今回の出資後、クーパンの価値は90億ドルと見なされる-関係者
relates to ソフトバンク、韓国最大手ECサイト「クーパン」に20億ドル投資へ

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

relates to ソフトバンク、韓国最大手ECサイト「クーパン」に20億ドル投資へ

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドはオンライン小売りで韓国最大手のクーパンに20億ドル(約2250億円)を投じる。

  2010年創業のクーパンは家電から食料品に至るまで1億2000万点以上の商品を販売。クーパンによれば、韓国国民の半数が同社のモバイルアプリをダウンロードしている。

  事情に詳しい関係者によると、孫正義氏率いるソフトバンクは2015年、クーパンに初めて10億ドルを出資。この時、同社は50億ドルの価値があるとされていた。今回の出資後、クーパンの企業価値は90億ドルと見なされると関係者は話す。

  クーパンを創業したキム・ボムソク最高経営責任者(CEO)は、孫氏について「ビジョンのあるリーダーであり、常にわれわれに大きく考えるよう意欲をかき立てる」と述べた上で、「顧客に途方もないインパクトを与える基盤をわれわれが構築しているとの理解から今回の資金調達を行う運びとなった」と説明した。

  クーパンによると、過去2年間で売上高は2倍以上に拡大し、今年は50億ドル前後に達する見通し。同社は韓国内の顧客に注力しているが、ソウルのほか北京や上海、ロサンゼルス、シアトル、シリコンバレーにも拠点を持つ。

原題:SoftBank to Invest $2 Billion in Korean E-Commerce Site Coupang(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE