コンテンツにスキップする

次期FSB議長にクオールズFRB副議長、カーニー氏の後任-関係者

  • FRB副議長の職務を果たしつつ、FSB議長の3年の任期を務める
  • オランダ中央銀行のクノット総裁がFSB副議長に就く見通し

米連邦準備制度理事会(FRB)のクオールズ副議長(銀行監督担当)が、イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁に代わり、主要国・地域の中央銀行や監督当局で構成する金融安定理事会 (FSB)の次期議長に就任する見込みだ。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  関係者によれば、クオールズ氏はFRB副議長の職務を果たしつつ、FSB議長として3年の任期を務める。欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、オランダ中央銀行のクノット総裁がFSB副議長に就き、3年の任期を終えた後、議長となる見通し。

  討議の非公開を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、議長人事に関する最終決定は来週発表されると予想される。

原題:Fed’s Banking Watchdog Is Said Poised to Lead Global Regulator(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE