「現金より安全なものなし」-ハイテク株安でシリコンバレーにも不安

  • 起業支援のホフマン氏、引き揚げた投資資金を今は現金で保有と説明
  • 同氏の不安はハイテク株安がウォール街だけの懸念でないことを示唆

A group of men walks through a public space at Twitter Inc. headquarters. 

Photographer: Michael Short
Photographer: Michael Short

スティーブ・ホフマン氏はおなじみの紫と青の格子柄のシャツで現れ、マイクを握るやシリコンバレーの楽観論を表現。インスタグラム、エッツィ、チェンジ・ドット・コム、フォースクエアと、これまで成長を支援してきた企業の名前を交え、自身の起業支援の実績を宣伝した。

  インキュベーター(起業支援組織)のファウンダーズ・スペースを2011年に創設した同氏の話に聞き入っているのは、20代の聴衆だ。自分たちの夢に賭けてくれそうなベンチャー投資家らに直接会おうと、サンフランシスコのとある会議室に詰めかけた。

  ただ、これより少し前の時点で、ホフマン氏の口調はずっと悲観的だった。実のところ、自身の資金をポンと差し出すことはほとんどしていないという。テクノロジー株はバリュエーションが数十年にわたって高騰しており、このところのナスダック100指数の下落は想定された。公開市場での株売りの動きはますます悪化するばかりで、今度は、高止まりしてきた非公開の新興企業のバリュエーションも押し下げ始めるのではないかとホフマン氏は懸念する。

  「実際、かなり心配している」と同氏。公開市場に投じていた資金の80%と、非公開市場への投資の60%を引き揚げ、今はそれを全て現金で保有していると説明し、「現金より安全なものはない」と語る。

  ホフマン氏が抱く不安は、シリコンバレーの基準で見ればやや極端かもしれないが、新たな現実を浮き彫りにしていることは間違いない。テクノロジー株の急落を心配しているのはもはやウォール街のトレーダーだけではないという現実だ。

  誰もがドットコムバブルの崩壊や2008年のような相場急落に備えているというわけではない。そこまで悲観的なのはホフマン氏などごく一部で、一般的にはそれほどあからさまではない。ベンチャーキャピタル(VC)企業が投資案件の精査にかける日数を数日増やす、あるいは若いプログラマーが100万ドル(約1億1300万円)の住宅購入を保留する、といった具合だ。

  19日までで、テクノロジー株の大半は下落基調が始まって数カ月となる。中でも下げが顕著なのは、7月の最高値から35%下落したネットフリックスや、9月以来24%下げたアマゾン・ドット・コムだ。S&P500半導体・半導体製造装置株指数は6月初めから20%余り下げている。S&P500テクノロジー・ハードウエアおよび機器株指数もこのところ下げがきつい。世界のテクノロジー企業の合計時価総額はこの2カ月半で1兆1000億ドル減った。

  ファウンダーズ・スペースのイベントに出席したエンジェル投資家兼コンサルタントのアレックス・チョンプフ氏は「投資家の楽観論は以前より抑えられている。1年前にはなかったであろう上限が設けられている」と語った。

原題:‘Nothing Safer Than Cash’: Tech Rout Puts Silicon Valley on Edge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE