コンテンツにスキップする

ウィリアムズNY連銀総裁:漸進的な利上げの路線を堅持へ

  • 「われわれは若干の利上げを行う可能性が高い」とウィリアムズ氏
  • 「緩やかな道筋」を見つけるつもりだ-金利はまだ非常に低い

ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は19日、米金融当局は景気拡大をさらに息の長いものにするとともにインフレ率を低水準に保つため、漸進的な利上げ路線を堅持するだろうと述べた。

Fed Presidents John Williams And Eric Rosengren Discuss The 2 percent Inflation Target

ジョン・ウィリアムズ氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  ウィリアムズ総裁はニューヨーク市の地域イベントで、「われわれは若干の利上げを行う可能性が高いが、それは極めて力強い経済が背景にあるからだ」と発言。「われわれはあらかじめ設定されたコースを進んでいるわけではない。低インフレの下で力強い米経済を維持することに最善を尽くすため、金融政策のやり方を調整する」と説明した。

  金融当局は来月、今年4回目となる利上げを決めると予想されているが、米住宅市場に冷え込みの兆候が見られたことから、このところ利上げの確率は低下した。金利先物の動向によると、投資家は12月18、19両日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ確率を67%とみている。13日時点では75%強だった。

  ウィリアムズ総裁は、「われわれはできる限り、これまでやってきてきたことを続けるだろう。金融政策をより正常な水準に戻す『緩やかな道筋』を見つけるつもりだ」と述べた。

  同総裁はまた、「金利はまだ非常に低い。われわれが目指すのは、経済を強く保ち、この景気拡大を可能な限り長く持続させることだ」と説明した。

原題:Williams Sees Fed Likely Raising Interest Rates ‘Somewhat’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE