【NY外為】円など避難通貨が上昇-米国株安の中で

更新日時
  • アイフォーン委託生産に関する報道や住宅指標で米株相場下落
  • 米中摩擦への懸念も根強く、スイス・フランも買われる

19日のニューヨーク外国為替市場では、円やスイス・フランが上昇。弱い米住宅関連指標やテクノロジー株の下げ、米中通商摩擦の激化に対する悲観的な見方を背景に米国株が下落する中で、これら避難通貨が買われた。ドル指数はほぼ変わらず。資源国通貨はおおむね下げた。

  アップルが9月に発表した新型「iPhone(アイフォーン)」3機種全てについて、ここ数週間に委託生産の発注を減らしたと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表した11月の住宅市場指数は、住宅ローン金利が上昇する中、2014年以来の大幅低下となった。同指数は住宅建設業者の景況感を測る指標。

  ポンドは反発。英保守党内ではメイ首相(党首)の不信任投票に向けた勢いが失速したとみられている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらずの1200.73。ドルは円に対して0.3%安の1ドル=112円55銭。スイス・フランに対しては0.6%下落。ポンドは対ドルで0.2%高の1ポンド=1.2854ドル。ユーロは0.3%高の1ユーロ=1.1454ドル。

欧州時間の取引

  アジア時間に一時0.2%上昇していたブルームバーグのドル指数は、欧州時間に入ると軟調な展開となった。先週末にクラリダ米連邦準備制度理事会(FRB)副議長がハト派的発言を行ったことや米中貿易摩擦があらためて意識された。

原題:Havens Advance, USD Steady Amid Stock-Market Rout: Inside G-10(抜粋)
  Dollar Fluctuates as Fed Rhetoric Meets Trade Woes: Inside G-10(抜粋)

(アップルに関する報道などを追加し、相場を最新にして更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE