コンテンツにスキップする

ホワイトハウス、CNN記者の入館許可証をなお無効にすると通知

ホワイトハウスは16日夜、CNNのジム・アコスタ記者に対し、入館許可証をなお無効にする計画であることを通知した。CNNが許可証の取り上げは違憲だとしてトランプ政権を提訴していた裁判で、ワシントンの連邦地裁は同日、本格的な審理を実施する間、同記者のホワイトハウス入館を仮に認めるよう命じていた。

  • 16日の判断は限定的で、許可証取り消しを巡る手続きの正当性が中心だった。地裁判事は取り消しの理由がはっきりせず、「謎に包まれている」と指摘していた。
  • ホワイトハウスはアコスタ氏に取り上げの理由を説明する書簡を送付。同氏が他の記者に譲ることを拒否し、不文律を犯したなどと指摘した。この書簡は適正な手続きを怠ったとする判事の批判に対応したものとみられる。
  • アコスタ氏の弁護士は、許可証の取り上げは違憲であり、16日の判断に背くことだと書面で回答。19日午後3時までに最終判断を下すようホワイトハウスに求めた
  • 一連のやりとりは19日朝に公表された

原題:White House Still Plans to Revoke Press Pass of CNN’s Acosta(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE