コンテンツにスキップする

マイクロン株が下落、中国当局が独禁法調査を強化とFT紙報道

米マイクロン・テクノロジー株が下落。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、中国当局がマイクロンを含む半導体メーカー3社に対する独占禁止法違反の疑いでの調査を強化すると報じた。違反の「大量の証拠」が存在すると、当局は指摘しているという。

  マイクロンと競合するウエスタンデジタルの株価も大きく下げた。

  中国当局が調査しているのはマイクロンのほかに韓国サムスン電子とSKハイニックス。ブルームバーグ・ニュースは先週、中国商務省反独占局による調査が大きく進展したと報じていた。

原題:Micron Falls After FT Report Indicates Deepening China Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE