コンテンツにスキップする

EU、外国からの投資に関する規定を強化へ-中国念頭か

  • EUの政府・議会の交渉担当者、法制化に向け20日に会合する予定
  • 「誰もが同じ方向で協力する意向だ」-仏プルースト欧州議員

欧州連合(EU)は外国からの投資が国家安全保障を脅かさないようにするため加盟国全体を対象とする初のルール作りを進めている。中国勢による海外企業の買収が安全保障の脅威になりつつあるとの懸念が欧米を中心に広がっている。

  欧州議会のフランク・プルースト議員(フランス)によれば、EU加盟国の政府と欧州議会のそれぞれを代表する交渉担当者は20日、外国からの投資を審査するための法案に合意する可能性がある。

Unlevel Investments

Chinese foreign direct investment in EU surges

Source: Rhodium Group

Note: Combined value of FDI transactions includes completed acquisitions resulting in ownership stakes of 10% or more and greenfield projects that have broken ground

  議会側の交渉責任者を務める同議員は先週のインタビューで、「誰もが同じ方向で協力する意向だ」と述べた。

  トランプ米大統領は昨年、中国が支援する投資会社による米半導体メーカー、ラティスセミコンダクターの買収を阻止。ドイツ政府も今年、中国の煙台台海集団が示していたドイツの工作機械メーカー、ライフェルト・メタル・スピニングを買収する計画を拒否した。

原題:EU Set to Tighten Rules on Foreign Investment to Fend Off China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE