コンテンツにスキップする

モダンラブはパートナーとの同居、50年前と様変わり-米国勢調査局

  • 今年は25-34歳の15%が結婚せずにパートナーと共に暮らしている
  • 半世紀前は18-24歳で0.1%、25-34歳で0.2%
Real Estate market in Budapest
Photographer: Balint Porneczi
Real Estate market in Budapest
Photographer: Balint Porneczi

米国でパートナーと結婚せずに同居する若いカップルが増えている。国勢調査局のデータが示した。今年は25-34歳の15%が結婚を経ずにパートナーと共に暮らしており、その割合は2008年の12%から上昇した。

Americans Not Putting a Ring on It

Percent married among 18-to 34-year-olds dropped by half since 1978

Source: U.S. Census

  18-24歳のカップルでは結婚せずに同居する方が一般的だ。結婚していないパートナーとの生活は9%と、配偶者との生活の7%を上回る。 50年前、未婚のまま同居している割合は18-24歳で0.1%、25-34歳で0.2%にすぎなかった。

I Do

Married young adults making earning $40K or more tops unmarried

Source: U.S. Census

Data for 18-34 year olds

原題:Modern Love. Cohabitation on Rise in U.S.: Demographic Trends(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE