コンテンツにスキップする

PG&E株、乱高下続く公算-火災発生当日に2件目の電線故障と報告

From
  • カリフォルニア州北部の山火事で少なくとも76人が死亡
  • PG&Eは加州最大の公益事業会社-山火事発生後、株価は半値に

米カリフォルニア州最大の公益事業会社PG&Eの株価は週明け19日も激しい動きが続きそうだ。同社は16日、同州北部に多大な被害をもたらしている山火事が始まった8日午前に2件目の電線故障が生じていたことを開示した。

  州の公益事業委員会(PUC)への報告によると、ビュート郡コンカウの電源回路に現地時間8日午前6時45分ごろに故障が発生。カリフォルニア州森林保護防火局(カル・ファイア)が同回路の装置を回収した。

California Air Quality As Wildfires Burn

山火事で発生した煙に覆われるサンフランシスコ(11月16日)

フォトグラファー:David Paul Morris / Bloomberg

  PG&Eは16日の資料で「報告に含まれた情報は暫定的なものであり、原因について判断は下されていない」とコメントした。

  「キャンプファイア」と名付けられた今回のカリフォルニア州北部火災では少なくとも76人が死亡、1万戸近い住宅が破壊された。

PG&E has lost about half of its market value since the Camp Fire began

原題:PG&E May Face More Volatility After Reporting Power-Line Failure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE