コンテンツにスキップする

ファイザーが薬価引き上げへ、トランプ氏要請受けた凍結に終止符

  • 自社の医薬品の約10%について来年値上げを実施
  • 「逆向きのインセンティブ」だと米厚生長官の報道官は不満を表明

米製薬最大手ファイザーは来年、自社の医薬品の約10%について値上げを実施する。同社は今年、トランプ米大統領の要請でこうした値上げを一時的に見送っていた

  16日の発表資料によると、ファイザーは41製品の定価を平均で約5%引き上げる。

  • トランプ大統領は7月、定期的な値上げの一時休止を交渉するためファイザーのイアン・リード最高経営責任者(CEO)と直接会った。同社は一部製品の値上げ先送りに同意したが、2018年末あるいは薬価引き下げに向けたトランプ氏の広範な計画が完全に履行されるまでの措置だと説明していた。同計画はまだ履行されていない
  • 米当局者は今回のファイザーの動きに不満を表明。「米医薬品価格決定システムの逆向きのインセンティブ」を示すと、アザール厚生長官の報道官がコメント
  • ファイザーは年間を通じて定期的な値上げを実施しているが、今回予定している価格引き上げの対象は通常より少ない
  • リードCEOは7-9月(第3四半期)決算に関する電話会議で値上げ再開を表明。「年内にわれわれのアプローチは私の考える通常通りになるだろう。価格は市場に合わせ、競争力を考慮して決定する。こうした決定を年末から1月上旬にかけて行う」と説明していた
  • 16日の株価は0.7%高の43.51ドルで終了

原題:Pfizer to Raise Drug Prices, Ending Trump-Requested Freeze (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE