コンテンツにスキップする

エヌビディア株急落で空売り投資家に930億円の棚ぼた利益

  • 16日時点の時価評価に基づく-S3パートナーズが分析
  • エヌビディアは16日に19%下落-10年ぶりの大幅安
1495901548_m784248

Photographer: Andrew Harrer / Bloomberg

1495901548_m784248

Photographer: Andrew Harrer / Bloomberg

米エヌビディアのさえない売り上げ見通しが引き金となった半導体株売りは、思いがけない利益を空売り投資家にもたらした。

  金融分析会社S3パートナーズによれば、半導体株を空売りしていた投資家は16日時点の時価で8億2400万ドル(約930億円)の利益が出ているという。その大半はエヌビディア株のショートポジションによる。エヌビディアは16日に19%下落し10年ぶり大幅安となった。競合する米アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は3.9%安。

The chipmaker's shares have fallen 43% from last month's record

  エヌビディアの空売り総額は27億ドルと10月初めから約20%減少していると、S3のマネジングディレクター、イーホリ・ドゥサニウスキー氏は指摘した。AMDの空売り総額は10-12月(第4四半期)に入ってから約40%減少し25億ドル。AMD株は9月に12年ぶり高値を付けていた。

原題:Nvidia Hands an $824 Million Windfall to Semiconductor Shorts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE