コンテンツにスキップする

APEC首脳会議が閉幕、首脳宣言は初の採択見送り-米中対立で

パプアニューギニアで2日間にわたって開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が18日に閉幕した。首脳宣言は文言を巡って合意できず、1993年の第1回首脳会議以降で初めて採択を断念した。通商問題を巡り米中間の対立が強まっていることがあらためて浮き彫りになった。

  カナダのトルドー首相は18日、記者団に対し、21カ国・地域間の協議は困難だったと説明。「貿易を巡る特定の要素で意見の相違があることはさほど意外ではないと思う」と論じ、「そのため、首脳宣言の文言で完全なコンセンサスを得られなかった」と述べた。

PNG-APEC-SUMMIT

カナダのトルドー首相

写真:Peter Parks / AFP via Getty Images

  協議に詳しい米当局者は、中国が貿易に関する文言に難色を示したことを明らかにした。協議が非公開であったことから匿名を条件に話した同当局者によると、「全ての」不公正な慣行と闘うとの文言を首脳宣言に盛り込むことに中国が反対した。ほかの20カ国・地域はその文言を支持したという。

  パプアニューギニアのオニール首相は世界貿易機関(WTO)改革の問題が意見相違の主な原因だったと説明。「米中だけ」が意見を異にしたわけではなく、WTO改革について「意見を表明したメンバーは他にもいた」と話した。同首相は正式なAPECの声明を後日、発表すると語った。

PNG-APEC-SUMMIT

パプアニューギニアのオニール首相(11月18日)

写真:Peter Parks / AFP via Getty Images

 

原題:APEC Fails to Issue Joint Statement Amid U.S.-China Tensions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE