中国が「やり方改める」まで関税の方針変えず:ペンス米副大統領

  • 経済・外交関係で「より良い選択肢」を米国が提供できるとペンス氏
  • 「主権危うくしかねない外国からの借金を受けるべきでない」と同氏

ペンス米副大統領は17日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議開幕に先立ち、APEC「最高経営責任者(CEO)サミット」で演説した。同副大統領は中国との貿易摩擦について、「われわれはよくなることを望んでいるが、中国がやり方を改めるまで、米国は方針を変えない」述べ、トランプ政権がさらなる対中追加関税の発動に動くこともあり得ると示唆した。

  ペンス副大統領はアジア太平洋地域諸国に対し、中国の強引なアプローチと比べて、経済・外交関係で「より良い選択肢」を米国は提供すると主張し、中国をけん制した。

  副大統領は「主権を危うくしかねない外国からの借金を受けるべきでない。われわれはパートナーを借金の海に溺れさせることはない。われわれはあなた方の独立を危険にさらしたり、買収したり、強要したりしない。米国は正々堂々と取引する」と発言。中国が推進するシルクロード経済圏構想「一帯一路」(英語表記:One Belt, One road)を念頭に「われわれは束縛するベルトや一方通行路(one-way road)をオファーしない」と語った。

ペンス米副大統領(11月17日)

フォトグラファー:Peter Parks / AFP via Getty Images

原題:Pence Slams China, Says U.S. Offers Countries ‘Better Option’
Pence-Xi Showdown at APEC Shows U.S.-China Divide Only Widening(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE