中国の米国債保有残高、9月は過去1年余りで最低水準

中国の9月末時点の米国債保有残高は4カ月連続で減少し、過去1年余りで最も低い水準となった。貿易戦争に伴う圧力が強まる中で、中国当局が人民元安定に向けた対応を行っている状況が背景にある。

  米財務省の16日の発表によると、中国の米国債保有は1兆1500億ドル(約130兆円)。8月は1兆1700億ドルだった。外国勢で米国債保有残高が中国に次いで大きい日本は、ほぼ変わらずの1兆300億ドル。

  中国は人民元相場を安定させ、一段の下落を回避する政策の一環として、外貨準備の減少を容認している可能性がある。

  • 統計表
  • 統計表(国・地域別、英語)

原題:China’s U.S. Treasury Holdings Drop to More Than One-Year Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE