CNN記者の入館許可証直ちに返還を-連邦地裁がトランプ政権に命令

ジム・アコスタ記者のホワイトハウス入館許可証を取り上げたことは憲法違反だとして、CNNがトランプ米政権を提訴した裁判で、ワシントンの連邦地裁は16日、同記者のホワイトハウス入館を認めるよう命じた。

  同連邦地裁のティモシー・ケリー判事はトランプ大統領が任命した人材で、中間選挙の敗北から癒やしを求めるトランプ氏にとって、なおさら大きな打撃となった。同判事はアコスタ記者の許可証取り消しの決定について、誰がその決定を下したのか政府側が説明できず「謎に包まれている」と指摘。「直ちに許可証をアコスタ氏に返すよう命じる」と述べた。

  CNNは「当社だけでなく、自由で強力で独立した米国の報道機関を支持してくれた全ての人に心から感謝する」とのコメントを発表。ホワイトハウスのサンダース報道官は、ホワイトハウスが同連邦地裁の判断に従い、アコスタ記者の許可証を元に戻すとの声明を出した。

  アコスタ記者は米中間選挙翌日の7日、ホワイトハウスで行われた記者会見で同大統領と口論。米国・メキシコ国境に向かう移民を巡る質問をトランプ氏に途中で打ち切られたが、ホワイトハウスのスタッフにマイクを渡すのを拒否。トランプ氏が「無礼でひどい人間だ」と非難する事態になっていた。

  AP通信やブルームバーグ・エル・ピー、NBCニュースなどのメディアグループは、CNNを支援するための法廷助言者として届け出を行っていた。

原題:CNN Wins Court Order Restoring White House Reporter’s Access (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE