コンテンツにスキップする

フェイスブック社内で士気低下、NYT報道で従業員は動揺

  • 匿名のチャットアプリで社員は活発に議論、怒りの声相次ぐ
  • サンドバーグCOOが水面下で事実隠ぺいを工作-NYT

スキャンダルで騒がれることに慣れているフェイスブック社員だが、今回は雰囲気が異なっていると、複数の従業員が語った。

  米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は14日夜、シェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)がフェイスブック上でロシアが実施した虚偽情報による世論操作について、同社取締役会やメディアに全体像を知られないよう水面下で画策したと報じた。

Twitter CEO Dorsey And Facebook COO Sandberg Testify Before Senate Intelligence Committee

フェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  この報道で同社内は静まりかえっているが、チャットアプリで社員が交わす議論は活発だ。ブルームバーグニュースが入手したスクリーンショットによると、匿名で議論ができるチャットアプリ「ブラインド」にはフェイスブック社員の怒りや懸念であふれ、「なぜ弊社の倫理基準はこれほどまでに地に落ちているのか」、「ザッカーバーグは自ら決断することが必要な多くの問題について、他者に委ねすぎている」などと書き込まれている。

  ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が今週他社に先駆けて報じた10月のフェイスブック社内調査によると、同社の将来を楽観していると回答した従業員の割合は52%で、1年前の84%から大きく低下した。ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は社内の会合で従業員に対し、同社は長期的に正しいことをしていると説明したという。

原題:Facebook Morale, Hurt by Share Drop, Suffers Another Hit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE