コンテンツにスキップする

大学生の就職内定率77.0%、2年連続で過去最高更新-10月時点

2019年3月卒業予定の大学生の就職内定率は10月1日時点で77.0%と前年同期比で1.8ポイント上昇し、調査を開始した1996年以降、同時期としての過去最高を2年連続で更新した。厚生労働省と文部科学省が16日に発表した。

  国公立は同1.7ポイント上昇の75.0%、私立は同1.9ポイント上昇の77.6%。文系は同2.1ポイント上昇の76.5%、理系は同0.6ポイント上昇の79.2%。良好な雇用環境を背景に、今春卒業の大学生の就職率は過去最高の98.0%だった。両省は10月1日、12月1日、2月1日、4月1日の各時点での調査結果を発表している。

楽しみな卒業!

大学生の就職内定率(10月1日時点)

出所:厚生労働省・文部科学省

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE