コンテンツにスキップする

メイ英首相の離脱案、議会通過の確率は「地に落ちた」-ユーラシア

メイ英首相

メイ英首相

Photographer: David Levenson/Bloomberg
メイ英首相
Photographer: David Levenson/Bloomberg

メイ英首相の欧州連合(EU)離脱案はラーブEU離脱担当相らの辞任を受け、議会で承認されない可能性が非常に高いとの見方を、ユーラシア・グループのメレディス・サンプター氏が示した。

  サンプター氏は15日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「メイ首相が議会で承認を得る確率は地に落ちた」と発言。「けさの辞任騒動前でさえ、票読みの結果、離脱案の通過には労働党の25-30票が必要になるという結論にわれわれは達していた。現在、リスクは非常に大きい様子だ」と説明した。

  メイ首相はラーブ氏やマクベイ雇用・年金相らの辞任後の15日遅く、「最後までやり通す」と述べ、断固とした態度を示した。

  サンプター氏は「メイ首相が重点を置いているのは、自分に従わなければ合意ないし離脱に至らない確率が大幅に増加すると議会を説得することだ」と指摘。「彼女の論理は、あなたが私を支持しなかったら、あるいはあなたがこの取引を支持しなかったら、当事者全てが苦しむハードブレグジット(強硬な離脱)になる確率が増すというものだ」と述べた。

  同氏はまた、「あるいはリーダーが交代する可能性がある」が、その場合、数カ月以内に新リーダーがEUと新たな計画を策定しなけばならず、うまく行かないと思うと発言。「国民投票の確率も上昇するが、その場合英国は先の国民投票前のEUに残留するというスタンスに戻ることになる」と説明した。

原題:May’s Chances in Parliament Have ‘Bottomed Out,’ Eurasia Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE