コンテンツにスキップする

ユナイテッド・テクが防火部門売却先絞る、30億ドル調達か-関係者

  • ユーラゼオとローヌ、エイパックス、PAIが最終売却先候補
  • 入札の最終段階に入ったが、結論はまだ出ていない-関係者

ユナイテッド・テクノロジーズは防火・セキュリティー機器事業の売却先を決める入札の最終段階に入っていることが事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。

  同社が検討しているのは、投資会社のエイパックス・パートナーズPAIパートナーズからのオファーと、ユーラゼオとローヌ・キャピタルからの共同提案だと、関係者は匿名を条件に語った。この売却で約30億ドル(約3400億円)を調達する可能性があると、関係者の1人は述べた。

  最終決定はまだ下されておらず、入札者が同資産を買わない結論に至ったり、ユナイテッド・テクノロジーズが売却を見送ったりする可能性もあるという。ユナイテッド・テクノロジーズの担当者のコメントは現時点で得られていない。入札者らはコメントを控えた。

原題:United Technologies Is Said to Pick Bidders for $3 Billion Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE