コンテンツにスキップする

北朝鮮の金正恩委員長、新たな「先端戦術武器」の試験視察-国営通信

  • 新たな武器は「国土を防御するための優れた方法」
  • 朝鮮中央通信は武器の種類について詳細は伝えていない
金正恩朝鮮労働党委員長

金正恩朝鮮労働党委員長

Photographer: STR/AFP via Getty Images
金正恩朝鮮労働党委員長
Photographer: STR/AFP via Getty Images

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、新たに開発された「先端戦術武器」の試験を指導し成功に導いたと、国営の朝鮮中央通信(KCNA)が報じた。行き詰まり状態にある北朝鮮の核計画を巡る米朝協議の行方にさらに疑問が高まっている。

  KCNAによると、金委員長は国防科学院の試験場を訪問し、新たな武器の試験を視察した。 KCNAは武器の種類や、同国の核計画に関係しているかどうかについては詳細を明らかにしなかった。

  KCNAは「先端戦術武器の試験が成功裏に実施された」と報じた上で、同武器が「国土を鉄壁で防御し、人民軍の戦闘力を強化するための優れた方法だ」と伝えた。

  韓国国防省の報道官は今回の報道について当局が調査していると説明したが、それ以上のコメントは控えた。韓国大統領府と在韓米軍の当局者にもコメントを求めたが返答はない。

  韓国の聯合ニュースによると、北朝鮮が金委員長による武器試験の視察を伝えたのは昨年11月以来。

原題:North Korea Says Kim Guided Test of New ‘High-Tech’ Weapon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE