コンテンツにスキップする

スイッチ向けポケモン新作、スマホゲーマー「捕獲」狙う

更新日時
  • ポケモンGOと接続、新キャラ獲得には新作購入が必要に
  • アナリストは年末商戦に向け期待、ゲーマーからは不満の声も

任天堂が人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの最新作を家庭用ゲーム機スイッチ向けに投入した。年末年始の商戦を前に人気の無料スマホゲーム、ポケモンGO(ゴー)のプレーヤーを誘導する狙いだ。

  16日に世界で発売されたのは「レッツゴー・ピカチュウ」と「レッツゴー・イーブイ」。ポケモンGOと接続すれば、モンスターを転送できるほか、新キャラクター「メルタン」を捕獲することも可能になる。ポケモンGOのプレーヤーは8億5000万人に上る。

Pokemon Co. Unveils New Game Products

ピカチュウとイーブイ

Bloomberg

  アナリスト4人の見方をまとめたところ、メルタン効果で来年3月までにスイッチ750万台の販売上乗せが期待できるという。任天堂のデータによると、ポケモンシリーズは2004年以来、1億100万本を販売した。スーパーマリオシリーズの累計1億2100万本に次ぐ。

  IHSマークイットのゲーム研究責任者ピアーズ・ハーディング・ロール氏は、「ポケモンGOは3DS本体とソフトの販売に大きな影響を与えたため、スイッチにも同様の影響がある可能性がある」と分析。年末年始の商戦で販売が伸びると考えたことが任天堂が「スイッチの通年出荷予想を引き下げない主な理由だ」と述べた。

  しかし、もともとのポケモンGOファンからは厳しい声も聞かれる。ドイツのリサ・ザーン氏は、「これでコレクションを完成させることができなくなる人もいる」と述べた。メルタンを捕まえるために、スイッチ本体とソフトを合わせて新たに4万円近くのお金が必要になることに納得できないと言う。

  価格はレッツゴー・ピカチュウとイーブイが各6458円(税込み、ダウンロード版)、スイッチ本体は3万2378円(同)。

  ソフト開発会社「ポケモン」の広報担当者によれば、冬ごろから一時的なイベントが開催され、スイッチ向けの新作を購入しないポケモンGOのプレーヤーも新キャラクター「メルタン」を捕まえることができるという。任天堂はコメントを控える、としている。

  16日の任天堂の株価は一時、前日比4.0%安の3万3650円まで下落し、約2週間ぶりの安値となった。

(ポケモンの広報担当者のコメントと株価の動きを追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE