コンテンツにスキップする

米国がサウジに制裁、カショギ氏殺害に関与した疑いの11人が対象

米国は、ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害に関連し、サウジアラビア政府関係者17人に制裁を科した。米政権は、中東における重要な同盟国との関係を維持しつつ、カショギ氏殺害を巡る国際社会の憤りを和らげるのが狙い。

  制裁は、米金融システムへのアクセス制限や保有資産の凍結を含む。サウジアラビアは、同事件を巡り11人を訴追し、5人について死刑を求める意向。

  米国の制裁対象には、ムハンマド皇太子の上級顧問であるサウド・アルカータニ氏が含まれる。米財務省によると、アルカータニ氏はカショギ氏殺害作戦の立案・実行に関与した。同氏が殺害された日にイスタンブールのサウジ領事館に入る様子が監視カメラに映っていた同皇太子側近のマヘル・ムトレブ氏も制裁対象。

原題:U.S. Sanctions Saudis, Alleging Involvement in Khashoggi Murder(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE