コンテンツにスキップする

ポンドは「取引不能」、英EU離脱巡る急展開でボラティリティー急伸

  • ポンド・ドルの1カ月物ボラティリティー、2016年以来の高水準
  • 市場は反発局面での売りを狙っている-ジェフリーズ

英国の欧州連合(EU)離脱問題がめまぐるしい展開を見せているため、ウォール街はポンド取引が難しさを増していると感じている。

  メイ英首相がEUとの離脱合意素案に閣議の了承を得たと発表した14日、ポンドは上昇したが長くは続かなかった。15日には閣僚の辞任が相次ぎ、与党議員から党首不信任投票の実施を求める声が上がる中で、ポンドは容赦のない売りを浴びせられた。

  15日の外国為替市場でポンドはドルに対し、この1年余りで最も大きな下落を記録。ポンド・ドルの1カ月物インプライド・ボラティリティー(IV)は2016年以来の高水準に達した。ジェフリーズは議会での長いプロセスが控えているため、極端に大きな振れはポンドを取引しづらくしていると指摘した。

Sterling's implied volatility jumps against the dollar

  ジェフリーズの為替担当世界責任者、ブラッド・ベクテル氏は15日付のリポートで、「まだまだ紆余(うよ)曲折は続く。市場は依然ショートで、好材料で急反発しても、非常にうたぐり深い投資家から売りが出る」と指摘。ポンドは「今もなお相対的に取引不可能な通貨だが、市場は引き続き反発した場面で売り浴びせる方向に傾いているようだ」と述べた。

  15日にポンドは対ドルで一時2%近く下落。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファンドなど投機家のポンドに対するネットポジションは6月以降で最大のショートとなっている。

原題:Pound Is ‘Untradeable’ as Brexit Drama Fuels Volatility Spikes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE