インドネシア中銀:今年6度目の利上げ、予想外-通貨安懸念根強く

  • 7日物リバースレポ金利は6%-0.25ポイント引き上げ
  • 今年5月以降の利上げ幅は計1.75ポイント

インドネシア銀行(中央銀行)は15日、0.25ポイントの政策金利引き上げを発表した。市場のボラティリティーや通貨ルピアの下落圧力が再燃する中、今年に入り6度目の利上げに踏み切った。

  政策金利である7日物リバースレポ金利は6%に引き上げられた。ブルームバーグのエコノミスト調査で0.25ポイント利上げを見込んでいたのは、31人中3人のみ。残る全員は据え置きを予想していた。

  通貨下支えを目的とした今年5月以降の利上げ幅は計1.75ポイントに達した。ルピアは今年、対ドルで8%余り下げている。

原題:Indonesia Surprises With Rate Hike as Currency Remains a Worry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE