Photographer: Tim Rue/Bloomberg

中国当局がトランプ政権に譲歩案説明、G20前に

更新日時
  • 譲歩案の大半は既に行った改革の焼き直しだという
  • 交渉で長い道のりが残っていると関係者が語る
Photographer: Tim Rue/Bloomberg

米中両国が貿易戦争の解決に引き続き取り組む中、中国当局者がトランプ政権に一連の譲歩案を説明した。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

  関係者2人は譲歩案について、トランプ大統領が要求する大規模な構造改革には現時点で至っておらず、交渉で長い道のりが残っていると説明した。関係者1人は協議が続いており、建設的だと述べた。

  これら関係者の1人によると、この結果、11月30日、12月1日の両日にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて予定されている米中首脳会談で、トランプ大統領が幅広い合意をまとめるのは難しいとの見方が浮上した。

  譲歩案の大半は、外国投資家の一部業界への株式投資制限の緩和など、中国が既に行った改革の焼き直しだと関係者の1人は述べた。「中国製造2025」など米政府が求めている中国の産業政策の変更は盛り込まれていないという。

  米財務省の報道官に電子メールでコメントを求めたが返答はなかった。中国外務省にもファクスでコメントを求めたがこれまでに回答はない。

原題:China Said to Outline Concessions to U.S. Ahead of G20 Talks(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE