メラニア夫人と衝突の副補佐官、ホワイトハウス外のポストに異動

  • ボルトン補佐官側近のリカーデル氏、アフリカ訪問巡り夫人と衝突
  • リカーデル副補佐官は政権内にはとどまる-サンダース報道官

リカーデル大統領副補佐官

Photographer: Zach Gibosn/Bloomberg
Photographer: Zach Gibosn/Bloomberg

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の側近、リカーデル大統領副補佐官がホワイトハウスの外のポストに異動となった。サンダース大統領報道官が14日に明らかにした。リカーデル氏についてはトランプ大統領のメラニア夫人が解任を要求していた。

  サンダース報道官は声明で、リカーデル氏は「ホワイトハウスの外で政権内の新たな役割に就き、大統領を引き続き支援する。大統領はリカーデル氏の米国民への継続的な奉仕と国家安全保障上の優先事項の揺るぎない追求に感謝している」とコメントした。リカーデル氏の新たな役割の内容については言及しなかった。

  事情に詳しい関係者1人によると、リカーデル氏は大統領夫人による先月のアフリカ訪問に自身か他の国家安全保障会議(NSC)当局者が随行しない限りNSCのリソース提供を断ることも辞さない立場を示し、大統領夫人スタッフと衝突したという。

  メラニア夫人の報道官ステファニー・グリシャム氏は13日、夫人によるリカーデル副補佐官の解任要求が報じられた件について声明で、「彼女はホワイトハウスで働く栄誉にもはや値しないというのが大統領夫人のオフィスの立場だ」と説明していた。

原題:White House Aide Targeted by Melania Trump to Depart (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE